不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫を妻のせいにする不倫相手の心理

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫相手の中には、「奥さんが至らないから彼(夫)が私と不倫した」「私なら彼(夫)に不倫されるようなことはしない」などと思い込んでいる人もいるようです。

 

その思い込みの根底には、不倫による罪悪感から逃れたいという思いがあります。

 

表向きには「好きになった人に妻がいただけ」「不倫恋愛は何も悪くない」と開き直っていても、心の底では罪悪感を感じているわけです。

 

その罪悪感を打ち消すために、夫の不倫を妻のせいにしようとするんですね。

 

「夫の不倫は妻のせいだ」というセリフは夫の専売特許ではなく、不倫相手にとっても都合の良いセリフということです。

 

しかし、夫の不倫を妻のせいにして罪悪感から逃れ、幸せになろうなど、そう都合よく行くはずはありません。

 

 

仮に、彼女の不倫恋愛が成就したとします。

 

そのときから、「夫の不倫は妻のせい」「私なら彼(夫)に不倫されるようなことはしない」というセリフが彼女を縛ることになります。

 

もし、自分の夫が不倫をしてしまったら、全ては自分の責任になってしまいます。

 

そうならないために、彼女は常に夫に不倫の兆候がないか目を光らせていないといけません。

 

(彼女も内心では、自分と不倫していた前歴のある夫を信じ切れません)

 

また、夫の気持ちを常に自分に向けさせるために、必死になって良い妻でいる努力をしないといけません。

 

こんな結婚生活では、とても心からの安らぎや幸せを感じることはできないでしょう。

 

 

本サイトの記事でも何度も述べているように、夫の不倫の原因は妻との関係ではなく、夫の心にこそあります。

 

そのため、不倫が原因で離婚した夫は、再婚後も不倫を繰り返すケースが多いのが現実です。

 

 

また、不倫恋愛に走るような女性は、自尊感情が低い人が多いです。

 

その自尊感情の低さを、「妻のいる男性があえて私を選んだ」と思い込むことで補おうとします。

 

 

つまり、不倫の当事者は2人とも心に問題を抱えているということです。

 

その問題に向き合わずに、不倫を妻のせいにしているようでは、不倫恋愛の未来に幸せなどありません。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ