不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

夫の不倫に妻が介入すべき時とは?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫は夫が自分の意志で始めたことです。

 

ですから、やめるときも、自分の意志でやめてもらうのが原則です。

 

 

しかし、夫の中には、「不倫を止めないといけない」と思っても、なかなか行動に移せないタイプの人もいます。

 

なぜ行動に移せないのかと言うと、不倫相手に悪く思われたくないからです。

 

「遊ぶだけ遊んで、奥さんにバレたら捨てるのか!?」などと言われて、悪者にされたくないんですね。

 

最後まで良い人でいようとして、別れを切り出せないわけです。

 

 

また、不倫相手の執着が強くて、別れたくても別れられない場合もあります。

 

「別れるなら死んでやる」「会社にバラしてやる」などと脅されるケース、

 

「私にはあなたしか頼る人がいない」とすがってこられて、突き放せないケース等です。

 

 

こういうタイプの夫は、良く言えば「やさしい」とも言えます。

 

しかし、不倫相手より家庭を選んだのに、いつまでもズルズル関係を続けるのは相手のためにもなりません。

 

自分が悪者になってでも、キッパリと別れを告げるのが本当のやさしさというものです。

 

 

不倫は夫の意志で始めたことです。

 

自分で始めたことを自分で終わらせることが出来ないとすれば、大変残念なことです。

 

ただ、それが夫の現状である以上、現状を踏まえて今後の対処を考えていく必要があります。

 

不倫をやめてもらうための3ステップを実行しても、それでも夫が自分で不倫をやめられないのなら、そういう残念な夫とは離婚するのも一つの選択です。

 

 

総合的に考えて離婚せず、夫とやり直していきたいのなら、例外的に妻が介入していくしかありません。

 

具体的には、不倫相手と直接話し合う、夫と不倫相手との話し合いに同席するなどです。

 

 

夫1人では別れられないときは、妻が介入すべき時もあるのです。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ