不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

良い妻をやってしまうのは仕方ない

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

夫の不倫発覚直後にやりがちなのが、良い妻になって夫を取り戻そうとすることです。

 

夫の不倫には一切触れずに、笑顔で夫に尽くしましょう、愛情を注ぎましょう。

 

そうすれば、夫は自然と不倫を止めて戻ってくるでしょう・・・という方法論ですね。

 

 

私はメルマガやブログ、夫の不倫対処マニュアルなどで、一貫して「良い妻をやっても夫の不倫は解決しない」とお話してきました。

 

(関連記事)

 

愛され妻(良い妻)の努力が逆効果になるケースとは?

 

 

ただでさえ夫の不倫で傷ついているのに、傷ついた気持ちを押し殺して笑顔で夫に接する・・・

 

どうしてそこまで自分を犠牲にしないといけないのでしょうか?

 

不倫で傷ついた妻にとって必要なのは、心のケア・癒しであり、自己犠牲によってさらに自分を痛めつけることではありません。

 

 

それでも、良い妻になって夫を取り戻そうとする方は後を絶ちません。

 

その理由としては以下のことが考えられます。

 

 

不倫で傷ついてるから、さらに傷つくリスクのある方法は取りたくない

 

→夫を問い詰めたり、辛い気持ちを訴えたりすると、夫からネガティブな反応(逆ギレ、無視など)が返ってくる恐れもありますし、不倫を止めてくれるとも限りません。

 

そうなるとさらに傷つくので、傷つくリスクの小さそうな方法に飛びついてしまいます。

 

夫の不倫は自分に原因があると思っている

 

→夫の不倫は自分に原因がある(家事がいいかげんだった、夫への気遣いが足りなかったなど)と思っていると、原因になった部分を改善すれば不倫も止むはずという発想になります。

 

その発想が良い妻をやることにつながります。

 

ブログなどで推奨されていることが多い

 

ネット上では、「良い妻になれば夫を取り戻せる」と推奨するブログなどが多数あります。

 

専門家の方が推奨しているからと、ワラをもすがる思いで実践されている方も多いはずです。

 

 

このように、良い妻をやってしまうのには、それなりの理由があるんですね。

 

ですから、もしあなたが、夫を取り戻すために良い妻をやっている(やっていた)としても、「方法を間違えた」と後悔する必要はありません。

 

良い妻をやることに疑問を感じたのなら、その時点で止めれば良いことです。

 

そして、自分の気持ちに正直になって、夫に傷ついた気持ちを伝えることから始めましょう。

 

 

夫の不倫に、最初から適切に対処できる方はそういません。

 

回り道をしても、最終的にきちんと対処できればそれで良いのです。

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ