不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

不倫を反省しない夫に反省を促す方法

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫をした夫に対して妻が望むのは、「不倫を反省して謝罪して欲しい」ということでしょう。

 

しかし、実際は反省どころか、「不倫はお前のせいだ」と逆ギレしてきたり、かたくなに自分の非を認めない夫もいます。

 

不倫を反省しない夫には、いわゆる「モラ夫タイプ」や「オレ様タイプ」の夫が多いです。

 

彼らは常日頃、妻に対して上から目線の態度で接しているので、反省の態度を示すことができないんですね。

 

「反省する=妻の下に立つ」ことになるからです。

 

 

また、不倫を反省しない夫の中には、妻に対して劣等感を抱いている夫もいます。

 

・妻の方が収入が多い
・妻の方が社会的地位が上
・妻が年上で、家庭で主導権を握られている

 

上記のような理由で妻に劣等感を抱いている夫は、これ以上妻に負けたくないという思いから、不倫の非を認めないことがあります。

 

 

夫が「モラ夫タイプ」「オレ様タイプ」「劣等感タイプ」に当てはまる場合、いくら夫を責め立てても、決して自分の非を認めることはないでしょう。

 

むしろ、激しく責め立てれば責め立てるほど、夫も意地になって反撃してくるだけです。

 

 

こういうタイプの夫に反省を促すためには、いったん責めるのを止めることが必要です。

 

責めるのを止めることで、夫の不安(妻に負ける)を取り除いてあげるんですね。

 

妻に負ける不安が取り除かれることで、夫も自分のことばかりでなく、妻の気持ちに目を向ける余裕が出てきます。

 

夫に心の余裕が生まれれば、自発的な反省を期待できるようになります。

 

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ