不倫・浮気・夫婦問題カウンセリング

「お前が変われば不倫を止める」と言われたら?

不倫問題カウンセラーの花田好久です。

 

不倫が発覚すると、「お前が●●だから俺は不倫をした。お前が変われば不倫を止める」などと言う夫がいます。

 

不倫をした責任を棚に上げ、妻の落ち度ばかりを指摘する姿勢は、誠に身勝手としか言いようがありません。

 

夫の不倫の原因は夫の心の中にあるのであって、妻には責任などありません。

 

すなわち、不倫を反省して変わるべきなのは夫の方であり、妻に変われと要求するのは筋が違います。

 

もちろん、夫婦関係修復の過程で、妻が自ら夫への接し方などを振り返り、変えるべき点があれば変える努力をするのは必要です。

 

しかし、自己改善(変革)は、夫から言われてやるものではありません。

 

妻が本心から「変わらなきゃ」と確信したときに始めるものです。

 

 

真面目な女性や依存心の強い女性ほど、夫からの指摘を受けてすぐに自分を変える努力を始めてしまいます。

 

「離婚をしたくないから」と、無理をして自分を変えようとしても、結局は上手く行かないものです(もともと、夫からの「変われ」という要求の内容自体に無理があることも多いです)

 

そのうち、「私ばかり努力させられている」と、夫を恨む気持ちが芽生えてきます。

 

また、夫自身の問題(不倫に走らせた心のクセなど)は置き去りになっているので、不倫を繰り返す危険性も高いです。

 

 

不倫をした夫から「お前が●●だから俺は不倫をした。お前が変われば不倫を止める」と言われても、すぐに自分を変えようとする必要はありません。

 

まずは夫が不倫を止めるのが先決です。

 

あなたが変わるかどうかはあなた自身が決めることです。

 

 

もし、自分にも改善すべき点があると思われるのであれば、夫には次のように切り返してください。

 

「あなたが不倫を止めてくれたら、私も変わる努力をするわ」

 

 

 

(無料メールマガジン)

 

不倫問題解決の秘訣を学べるメルマガ

 

 

(当サイト運営者のご紹介)

 

 

花田好久(はなだよしひさ)。不倫問題カウンセラー。行政書士。1975年2月生まれ。既婚。福岡県出身。東京都八王子市在住。

 

男性カウンセラーの特性を活かし、不倫をする夫の心理を読み解くのを得意とする。

 

相談者や読者からは「不倫を解決できた」「心が救われた」「勇気づけられた」と、多数の感謝と支持の声が寄せられている。

 


お申込み・お問合せ 夫の不倫対処マニュアル カウンセリング料金 無料メルマガ ブログ